close

フリーダイヤル0120-73-3128

お電話でのご注文も大歓迎!!夜8:00まで受付中です。

FAXでのご注文はこちら

購入合計額:0円

商品詳細説明
素材やいわれの説明
戻る

四神とは

四神(しじん)は、中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣である。四獣(しじゅう)、四象(ししょう)、四霊(しれい)ともいう。
東の青竜(せいりゅう)・南の朱雀(すざく)・西の白虎(びゃっこ)・北の玄武(げんぶ)である。五行説にも中央に黄竜(書籍によっては麒麟を据える場合もある)を加え数を合わせた上で取り入れられている。
淮南子などによると、方角には四獣と共に季節神として五帝を補佐する五佐のうち四佐が割り当てられている。これらの四佐のほうを四神と呼ぶこともある。また、瑞獣の四霊(麒麟・鳳凰・霊亀・応竜)を四神と呼ぶこともある。

以上ウィキペディアより引用

日本にも四神は古くから伝えられており、四神を用いた地相の考え方(四神相応)は平城京や平安京造営の際の、選地の基準ともなりました。
また、その時代よりも古いとされる奈良県のキトラ古墳の壁画にも描かれています。

四神相応とは

四神相応(しじんそうおう)は、東アジア・中華文明圏において、天の四方の方角を司る「四神」の存在に最もふさわしいと伝統的に信じられてきた地勢や地相のことをいう。
四地相応ともいう。なお四神の中央に「黄竜」(おうりゅう)、あるいは麒麟を加えたものが「五神」(ごじん) と呼ばれている。

日本の京都においても、北の丹波高地を玄武、東の大文字山を青龍砂、西の嵐山を白虎砂、南にあった巨椋池を朱雀とする対応付けが可能で、背山臨水を左右から砂で守るという風水の観点から正しく京都は四神相応の地であった。

以上ウィキペディアより引用

四神相応でパワーを取り入れる方法

四神相応の考え方では、気は北より流れてきますので、机に四神を方角を定めて配置して真中に「気」(パワー)を入れたい物を置きます。
そうすることによって流れて来た「気」が真中に集中してパワーが中心の物に温存されると言われます。

戻る

お客様から寄せられた高額当選情報

開運事例・開運情報公開中

年間開運日カレンダー

CLICK!

開運力最強の財布「金」「白蛇」

文様・素材で選ぶ

形・形状で選ぶ

色で選ぶ

高額当選実績で選ぶ

お買い物に関するご案内

おすすめ特選商品

その他